日本精化株式会社 「キレイ」をお手伝い

カタログ
support

Q1. 錠剤化するメリットは?

  • 一定の大きさ、重さにすることができるので、使用時に計量する必要がなくなります。
  • 使用時に粉体や液体が飛び散ったり、漏れたりする心配がなくなります。
  • 粉を固形化することで、溶かす時間をコントロールでき、溶解時に泡を出す等の付加価値を与えることも可能です。

Q2. そもそも錠剤って?

圧縮成型の一種で打錠機という装置で粉末をプレスしてつくられます。
錠剤をつくるためには様々な添加剤とノウハウが必要です。

Q3. 大型錠とは?

pills

錠剤をつくる技術は飲み薬をつくることから発展しました。
口に入れる錠剤は、大半が直径20mm以下で大型錠とは直径が20mmを超える錠剤を指します。
サイズが大きくなるほど、飲み薬をつくる技術とは異なるノウハウが必要となるため、製造の難易度も高くなります。
弊社は豊富な経験と確かな技術で、大型錠剤を強みとしております。

Q4. 発泡錠ってなに?

pills

水や溶液に溶かした時に泡を発生させながら溶解する錠剤を発泡錠といいます。 泡を出しながら溶解するため、泡を発生させない場合よりも溶解時間を短縮することができます。



一般的に、水に溶かした時に錠剤に含まれている成分が化学反応を起こすことにより泡が発生します。このため、製造時の水分や原料に含まれている水分で化学反応が起こらないよう、製造環境や原料の選定には配慮が必要です。

Q5. 錠剤をつくるときのノウハウって?

錠剤の目的によりノウハウは異なります。 100種類の錠剤があれば100種類の処方を確立しなければなりません。さらに、どの様な錠剤をつくるときでも打錠障害というものが発生します。 打錠障害は処方、原料、環境等の様々な要因が複合的に影響しているため、それらを見極め、改善する必要があります。 実験室で1錠、錠剤ができただけでは、連続的に数千~数万錠をつくる製造場面に適しているかどうかの見極めはできません。

pills pills

打錠障害の代表的なものは以下の3種類です。

スティッキング

打錠する金型(杵)の表面に粉が強固に付着し、
錠剤の表面がいびつになる現象

キャッピング、ラミネーション

錠剤が層状に剥離すること

ビンディング

錠剤の側面が荒れた状態になること

Q6. どんな分野のものができる?

人間、動物の口に入るもの以外は何でも請け負います。下記に限らず、幅広く製造が可能です。

  • 入浴剤などの化粧品、医薬部外品
  • 洗浄剤を始めとする日用品
  • 農薬や肥料等の農業用品
  • 工業用品

化粧品、医薬部外品は製造業許可、製造販売業許可を取得しております。

また輸出入品の保税工場として対応できます

Q7. 経時で錠剤からガスが発生し個装袋が膨らんでしまう、解決策はある?

これは、炭酸ガスが発生することにより起こる現象です。 一般的には、個装袋に微細な穴を開けて膨らみを抑えるのですが 、当社では処方設計段階でガスの発生を抑制することが出来ます。

▲PageTop