日本精化株式会社 「キレイ」をお手伝い

カタログ

天然乳化剤

  • 水添レシチンとステロールとを独自製法にて複合化した天然乳化剤です。
  • 細胞膜(レシチン)と細胞間脂質(ステロール)とから構成されています。
  • PEG系乳化剤やポリグリセリン系乳化剤と比較して、肌なじみが圧倒的に優れていて、優れた感触の乳液、保湿クリーム、粉体のキシミを緩和するUV吸収剤の調製が可能です。
  • 溶性物質であるセラミドとの複合体も用意しており、セラミドを安定配合することができます。
  • 液晶乳化法により、面倒なHLBの計算もなく、あらゆる油剤をO/W乳化することが可能です。

Phytocompo™ 製品ラインナップ

リンクアイコンマークをクリックすると製品詳細ページに移動します。​

製品名 全成分表示名称 QD CN*1 備考
PP 水添レシチン、ダイズステロール(フィトステロールズ) コレステロールタイプの
Composite™-PCもあります。
C 水添レシチン、ダイズステロール(フィトステロールズ)、セラミド2、セラミド3、セラミド6II コレステロールタイプのComposite™–C3もあります。
C5 水添レシチン、ダイズステロール(フィトステロールズ)、セラミド2、セラミド3、セラミド5、セラミド6II、 - *2 コレステロールタイプのComposite™–C4もあります。
SP 水添レシチン、ダイズステロール(フィトステロールズ)、グリセリン、BG Phytomcompo™–PPをポリオールに分散させたタイプです。
SC 水添レシチン、ダイズステロール(フィトステロールズ)、セラミド2、セラミド3、セラミド6II、グリセリン、BG Phytomcompo™–Cをポリオールに分散させたタイプです。
PP 水添レシチン、ダイズステロール(フィトステロールズ) コレステロールタイプの
Composite™-PCもあります。

Composite™ 製品ラインナップ

リンクアイコンマークをクリックすると製品詳細ページに移動します。​

製品名 全成分表示名称 QD CN*1 備考
PC 水添レシチン、コレステロール 天然由来の保湿成分のみの複合体。
C3 水添レシチン、コレステロール、 セラミド2、セラミド3、セラミド6II Composite™ –PCに3種のセラミドを複合化。
C4 水添レシチン、コレステロール、セラミド2、セラミド3、セラミド5、セラミド6II、 - *2 Composite™ –PCに4種のセラミドを複合化。

(*1)ECIC2014に収載の有無
(*2)お問い合わせください。

油剤を選ばず乳化可能

弊社の独自製法により、水添レシチン、フィトステロール(コレステロール)、セラミドなど難溶性成分を配列よく並んだ複合体が、油相と水相の界面に配向して安定なO/Wエマルジョンを形成します。液晶乳化法によって、シリコーン油、エステル油など相溶性が乏しい油剤でもつなぎの油剤なく、また、面倒なHLBの調整なく乳化可能です。

液晶乳化法

小じわ改善効果

Phytocompo/Compositeをグリセリンにしっかりと分散しダマがなくなるまで室温にて撹拌します。その後、室温のBGを添加し液晶(LC)を形成させます。その後、約70℃に加温して、油剤をゆっくり添加して、O/LCエマルジョンを形成します。最後に、水で希釈してO/Wエマルジョンを得ます。

バリア機能

一般的なノニオン性活性剤で乳化したクリームに比べて、Phytocompo-PPで乳化したクリームの方がバリア機能が向上します。さらに、セラミドとノニオン性界面活性剤を単独で配合したクリームにくらべて、予め複合化したPhytocompo-Cで乳化したクリームの方がバリア機能が向上します。

O/W処方での耐水性効果

<試験方法>
スライドグラスの周りにマスキングテープを貼り、0.2gの試料をスライドグラスに塗布。マスキングテープの高さに合せ、スパーテルを用いて塗布膜を均一にした。15分乾燥後、マスキングテープを除去。25℃の水に浸漬させ1時間静置後、写真撮影を行った。

液晶構造を有するO/Wエマルジョン

  • Phytocompo™とPlandool™-MASを併用することで、液晶構造を有する乳化物を作製できます。
  • 液晶乳化法よりも簡便なAgent in Oil法や水分散法でも調製可能です。

**製造方法(水分散法)**
1) No.1をNo.4に均一に分散する(A部)。
2) A部にNo.3を添加し、約70℃まで加温、分散させる(B部)。
3) B部にNo.2を添加し、約70℃に加温、溶解する(C部)。
4) No.7にNo.6を加え約70℃に加温、溶解する(D部)。
5) D部にC部を徐々に添加し、乳化する(ディスパー2000~3500rpm、約70℃)。
6) 5)を攪拌しながら冷却し、50℃でNo,5を加え攪拌する。

リンクアイコンマークをクリックすると製品詳細ページに移動します。​

▲PageTop